spikechunsoft

About Spike Chunsoft

This author has not yet filled in any details.
So far Spike Chunsoft has created 38 blog entries.

リサーチアンドデストロイのマルチプレイ

By |2021-09-15T17:22:03-07:009月 8th, 2021|その他|

RESEARCH and DESTROYは戦術ターン制アクションを友人と遊べるようにしたいというアイディアから生まれましたので、勿論友人と遊べます。もう一つのゲイリー、ラリー、メアリー(その他皆さんが科学者に付けた名前で)達とペアを組むことも可能です。RADは分割スクリーンを使ってカウチ(あるいは床)で友人とプレイすることもできます。余計な接続などをせずにコミュニケーションを取りながら遊べるので、私達は分割スクリーンが一番気に入っています。

お互いに攻撃作戦を調整しておくのが望ましいですね。事前にコミュニケーションを取っておくとはるかに効率的に戦えます。プラットフォームによっては何らかのVOIPが使えるかも知れませんが、ゲームには重要な要素に注意をひきつけさせるためのタグシステムが実装されています。オブジェクトや超自然存在をタグ付けすると、対象の上にフキダシが表示され、注意を呼びかけるホイッスルが鳴ります。チームメイトが視界から消えてしまった場合には、サテライトカメラでいつでも居場所を特定できます。

マルチプレイヤーのゲームプレイはシングルプレイヤーとそれほど変わりません。プレイヤーが2名いると行いやすくなる秘密のインタラクトも存在します。敵は倒すのが困難になり、素早く撃退するには協力が不可欠になります。それ以外は大きな違いはないので、シングルプレイヤーで培った戦術、テクニックはマルチプレイヤーでも大いに活用できます。

チームの超科学者の外観のカスタマイズ、名前の変更が可能なので、協力プレイではピンクの白衣やそれに合わせたヘアスタイル等、イケてる姿を自慢することができます。

マルチプレイヤーの真の楽しさは、炎上したり、高所から落下したり、とんでもない速度で衝突したりすることなく科学的にかっこいいところを見せられることです。さもないと、潜在的に致命的な危険を孕んだ科学装備で超科学者や他者を不意に傷つけてしまいます。

友人との協力プレイでは、怒れるトロールに地面に叩きつけられたり、ワーウルフがかすめていって倒されたり、ポルターガイストの旋風にふっ飛ばさたりといったコメディーが随所に散りばめられています。自分ではなく友人が被害にあった場合には、相手の科学者の死体を蘇生させ、戦いに戻してやるという英雄的行動を見せることができます。

RESEARCH and DESTROYはあえて競争的にはしてありません(特に協力プレイゲームとしてデザインされているので)が、 窮地に陥った仲間の科学者を華麗に救うのはいいものです。自己満足と見事なチームプレイの披露以外に見返りは無い訳ですが、相手は評価してくれるはず…きっと大丈夫です。

受動的攻撃行動が信条の人向けに、友軍誤射は常にできるようになっています。友人(あるいは今だけの友人)相手に意地悪なプレイをすることは絶対に推奨しませんが、狙いがズレたためにチームメイトを空高く吹き飛ばしてしまったり、相手の近くにある赤い樽を撃ってしまったり(本当なら助けるのが理想なのに)した際のおかしさは決して否定できません。そのような行動ばかり取っていると礼儀正しい科学者仲間の輪から外されてしまうし、故意でなかったとしても、自分が嫌な奴でないと証明するのは難しいのです。基本的に、嫌な奴だと思われたくなければ良い行動を心がけましょう。科学者仲間にも感謝されるはずですよ。

 

 

 

 

リサーチアンドデストロイの環境

By |2021-09-15T17:22:37-07:008月 25th, 2021|その他|

RESEARCH and DESTROY はヨーロッパや北アフリカを思わせる大陸が舞台になっています。むしろ超自然存在世紀末の後に残ったその廃墟という方が正確かもしれません。バンパイア、トロール、ワーウルフ等は、その生まれ故郷を憎き人間から取り戻しました。中にはミッションを侵略行為だと思う人もいるかもしれませんが、我々は科学調査と位置づけています。

全部で12のテリトリーには、異なるエリアに最大3つのミッションが用意されています。移動はRADヴァンにお任せです。例えばフォグ・アイランドでは、呪いの遺跡からのデータ収集、不気味な村の超自然存在トーテムの破壊、謎の館上にある異世界ポータルの封鎖等が課されることでしょう。「異世界ポータル」とは何でしょう?済みませんが現状では想像の域を出ておらず、さらなるリサーチが必要です。

 

人類が消え去ってかなり経ちますが、建造物はまだ残っています。例えば不気味な城や呪いの館です(超自然存在はそういうのが好きなのです)。人類最後の抵抗の証拠が脆弱なバリケードや、人類の破壊衝動を満足させるための赤い爆発するドラム缶といった形で残っています。こういった物は使い方によって助けにも障害にもなり得ます。

超自然存在の群に襲われた際には、恥ずかしがらずに遮蔽物に入りましょう。人類の絶滅を止めることは出来なかったにせよ、遮蔽物は殆どの攻撃のダメージを減らし、照準を安定させて科学調査を精確にしてくれます。残された装備の一部はより高い場所への移動に使えます。科学者は高い場所から超自然存在を攻撃すると有利です。何の奇跡か、電子グリッドはまだ利用可能です。夜間の暗闇でも物を見られて便利ですが、他にも有利になる使い方があるかもしれません。

 

各ミッションでは、前時代の科学者の遺体を発見することでしょう。残念ながらこうした白骨化した科学の英雄達は、超自然存在に対抗できるだけの装備を持っていなかったのです。彼らからDNAを採取すると、大学の建設、超自然存在のリサーチ、新装備の開発に使える、サイエンスという科学通貨に変換することができます。科学者の遺体からDNAを採取することは、彼らの魂を救うことにも近いでしょう。そういうものを信じていればですが。死してなお大義に殉じることができると知れば、彼らも喜ぶことでしょう。

各ミッションは日中、夜間を問わず開始可能です。時間はミッションのゴールには影響しませんが、超自然存在の行動が変化します。昼と夜で何が変わるのでしょうか?当然、それもリサーチしなくてはいけません!完全に分析するためには戦場解剖を完了させ、データとサイエンスを大学に持ち帰りましょう。

それではまた!

 

開発者コメント:

大ピラミッドの影にセットされたミッションは特に古いものです。RESEARCH and DESTROYのプロトタイプ用に最初に開発したもので、Tokyo Indie Festと京都で開催されたビットサミットで公開されたプレイ可能デモに登場しました。PC、Xbox、PlayStationでこのミッションを達成すると特別報酬が貰えます。

 

 

 

大学防衛装備

By |2021-08-11T01:38:26-07:008月 11th, 2021|その他|

新たに解放、征服したテリトリーに、素敵でピカピカな生産性の高い大学を建設しても、超自然存在に攻め込まれた途端、撤退するはめになってしまったら意味がありませんよね。時には、「防御は最大の攻撃」となることもあります。大学は地球を取り戻すための作戦のバックボーンであり、防衛が必要になることもあるのです。

大学防衛ミッションは皆さんの想像通りに展開します。のんびりマルガリータをすすりながら、「月刊スーパーコンダクター」のバックナンバーを読んでいたと思ったら、次の瞬間には、超自然存在の群が大学の制圧を目指してやって来ます。

できること言えば覚悟を決め、対抗装置のチャージまで時間を稼ぐことくらいです。対抗装置は超自然存在を撃退し、大学を味方のものとしておくための、複雑かつ危険な最終防衛システムです。時間の限られた防衛ミッションでは、手動で対抗装置をチャージするか、対抗装置の自動的なチャージが完了するまで中央図書館を守り抜かなくてはなりません。

侵略部隊の戦力に応じて、全ての種類の超自然存在が登場します。特に今回は終了時間が決まっているので、いつも以上に時間の管理が鍵になります。侵略部隊のトロールに正面からぶつかるよりも、回避したり罠にかけたりする方が良いと考えるかもしれませんが、ゴールを達成するためには自ら手を汚す必要も出てきます。ですから、自慢の科学力を行使する準備を整えておきましょう。

戦いを楽に進めたければ、事前に大学の防衛システムをアップグレードしておきましょう。まず、大学の防衛戦をショック効果のある電磁バリアーで固めましょう。超自然存在も焦げた毛が宙に待っていれば、少しは躊躇するはずです。バリアーを突破した敵も、大量の近接地雷を踏みたくなければ足元に注意せざるを得ません。地雷は攻撃力が高く、敵味方を問わず犠牲者を炎に包んで空高く舞い上げます。最後に、近くの科学者を自動的に癒やしてくれる回復ステーションがあります。別に裏はありませんので安心してどうぞ。どの装置もアップグレードすれば便利な効果がありますので、リサーチを忘れずに!

開発ヒント!目標をしっかり把握してそれに集中しましょう。寄り道したりすると、結果として失敗に繋がることが多くなります。いつ戦うか賢く選択し、場合によっては無視して先に進みましょう。ジャンプパッドを活用すれば移動が迅速に行えます。また、クラクソンタワーに注意しておきましょう。タワーは超自然存在の次の増援がどこから来るかのヒントになります。

アップグレードシステム

By |2021-08-04T18:16:12-07:008月 4th, 2021|その他|

世紀末後の科学コミュニティーにはこのような格言があります。「いつも二度目の挑戦の方がマシ」人類を暗黒時代から脱却させるには、絶対諦めないネバーギブアップの精神が求められるのです。この精神が、ガジェット、武器、大学とそのアップグレードを行う能力を底上げします。

アップグレードを行うには、まずリサーチが必要です。ただ「本を開いて一日中読書する」といったリサーチだけでなく、「科学的な手がかり満点の超自然存在を倒して、死体を研究用のヴァンに詰め込む」ようなリサーチも必要になります。

もちろん、とある装備のリサーチが他の発見に繋がることもあります。もっとも興味を引かれるロックされた装備のリサーチ要件に注目し、全力で追い求めましょう!つまり超自然存在のクズどもをやっつけて、サイエンスをたんまり持ち帰るのです。必要になりますので。

 

大学と大学防衛戦力のアップグレード

キャンペーンを進めて行くに従い、大学をアップグレードできるようになります。大学は全ての重要なリサーチを行う施設です。侵略してくる超自然存在の群は数と強度を増していくので、電磁バリアー、地雷原、体力ステーションといった大学防衛戦力をアップグレードしないと安心して研究ができません。無論、超自然存在をあえておびき寄せて、ラボのすぐ外で戦場解剖を実践したいというのであれば話は別です。

ですが、戦場で使うガジェットや武器の完全新規のアップグレードのリサーチと開発ができるよう、大学施設をアップグレードすることが最も重要になるでしょう。

 

ガジェットと武器のアップグレード

ガジェットでは二つのアップグレードルートのどちらかが選べますが、選べるルートは一つだけです。もしも選択したアップグレードが気に入らなかった場合は、できるだけ強い調子の手紙を地元の科学アップグレード・オンブズマンに送りましょう。現実には悪い選択などありません。好みの問題です。

例えば、皆さんに大人気のロケットブーツでは、限定ステアリングか、敵をノックダウンするブーツブーストが選べます。

武器のアップグレードツリーはもう少し複雑です。それぞれの武器モードに一つずつ、合計二つのアップグレードティアがあります。ティア1では二つのペアのどちらかが選べます。ガジェットでは、各ペアから一つのアップグレードが選べます。

ティア2では武器モードのひとつをアップグレードするか、両方のモードにある程度影響するものかを選べます。大学のアップグレードを2回と、ティア1武器アップグレードを完了させると、好みの究極アップグレードをインストールできます。

開発ヒント!どのアップグレードを優先するかについて、厳密、お手軽な方法はありません。アップグレードのプレビューメモをよく読み、プレイスタイルに合うもの、或いは一番楽しそうなものを選びましょう。全部が楽しそうだから決められないという方は、訓練ラボに一度行ってみるのがいいでしょう。安全な大学で武器やガジェットを試用できます。「間違った」選択をすることはもうありません。

RESEACH and DESTROYのガジェット

By |2021-07-28T03:21:09-07:007月 28th, 2021|その他|

超自然存在の脅威を超科学武器でぶっとばすより楽しいことは?超科学武器に超科学ガジェットを組み合わせることです!

ガジェットはケーキにかけた砂糖。クリームに足したピーチです。反粒子フィールドと粒子フィールドです。今挙げた例ではケーキとクリームは科学兵器に当たり、反粒子フィールドは… そのまま反粒子フィールドです。

 

ガジェットは戦術行動において「攻撃用」とはみなされませんが、攻撃能力を補助、補強することができる場合があります。例えば、重力波歪曲弾です。典型的なポケットサイズのブラックホール展開グレネードです。おそらく、「ああ、集団制圧には便利だね」と思われるでしょう。さらに「でも集団をタイトな特異点に集めたり、実体弾をタイトな特異点に集めたりするのに使ったらどうだろう?」とも思われるはずです。

そのとおり。重力場は特定の場所に火力を集中させるのに使えます。バラバラの射撃を繋げ、軌道予測の困難な実体弾の命中精度を上げることができます。工夫が大事です!十分なスキルを持った科学者であれば、重力波歪曲弾をスリングショットのようにコーナーの向こう側へ曲げることもできます。ですが、重力波歪曲弾の使用には注意が必要でもあります。一発撃つごとにクールダウンが必要で、その外縁部は科学者と超自然存在の両方を引きつけるものだからです。

開発者コメント:重力湾曲弾は、「トロールに踏み潰される寸前」といったピンチから脱するのに便利です。さらに、ゾンビやゴーストの集団に対しても同じように有効です。重力湾曲弾のカーブを描く弾道特性をマスターするには練習が必要になりますが、不可能ではありません。

 

 

 

 

重力波歪曲弾があまり面白くなかったら、ロケットブーツはいかがです?人類は時の始まりより飛翔を夢見てきました。ライト兄弟は飛行機を発明したことを非常に自慢に思ったはずですが、発明したのがロケットブーツだったらどれほど鼻高々だったでしょうね!

空に飛び立ち、地上からの攻撃を回避しましょう。さらに高所からの攻撃も強力です。。敵より高い地点にいることでダメージボーナスが付くのを知ってました?本当です!ロケットブーツでダメージボーナスやその他の利点を探してみましょう。ここだけの話ですが、普通のジャンプパッドと組み合わせて使えば、さらに高い所へ到達できます。

開発者コメント:言うまでもなく機動力を強化するガジェットであるロケットブーツは、1ターンで動ける範囲を大きく広げてくれます。改良の選択次第ではその能力がさらに拡大する可能性も…またはエアブレーキブラストを使った突撃戦法を用いて、超自然存在に制空権は誰が握っているのか、教えてやるのも良いでしょう。

 

 

 

緊迫感溢れる生き方が信条の科学者には、スリル満点のシュレーディンガーのヘルメットがお勧めです。「なんだそれ?」と思うでしょう。「誰だそれ?」の方が正しい質問です。箱の中のシュレーディンガーの猫が放射性アイソトープや毒と一緒に閉じ込められた科学者であったら、作ったであろうものがシュレーディンガーのヘルメットです。

シュレーディンガーのヘルメットは使用者の不安定なコピーを選択した場所(射程は限られます)に作り出します。コピーか本体を使えば使うほど、より本物となる確率が上がります。(最大75%で本物に)両方がダメージを受けて機能を喪失した場合、それがどちらであったとしても本物の科学者が残ります。しかし、その時点まで双方は実体を持つものとして存在し続け、超自然存在の群を撃滅し、目標を達成し、デコイとして行動することが可能です。分かりにくいですか?超自然存在がそのような不自然な相手と戦うところを想像してみましょう。誤解の無いように言っておきますが、どちらの科学者も同じタイムプールで行動します。

開発者コメント:このヘルメットは非常に多様性があって強力ですが、ランダムに失敗が起きる危険もあります。範囲内に自分の分身を作れるので、自分を即座に目標を達成できる場所に移動させたり、ダウンした仲間の科学者を助けたり、到達不能なポイントから狙撃を行ったりできるのです。しかし、ダメージを受けると最初の場所に戻されたり、敵の大群の只中に閉じ込められたりします。発射速度の遅い武器(粒子フィールド射出装置)や、展開数の限られた武器(チューブランチャーのバブルシールド、プラズマ放射器の高温、低温トラップ、ハイパーキューブ地雷等)と組み合わせて使い、射撃前に自分をコピーして、もっと楽しめるようにするといいでしょう。

 

Go to Top